読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンドTV

テレビで放送された人気店やレシピ、役立ち情報からグッズまでを幅広く紹介!

むくみ解消!梅雨むくみ予防法!顔むくみに効果的な言葉は「ホニャララ」【世界一受けたい授業】

 

今すぐできる!梅雨むくみ解消法の新常識!!

 

2017年5月27日放送の【世界一受けたい授業】より

  

教えてくれるのは、東京警察病院"美肌のスペシャリスト"澤田彰史先生 

 

  

 

女性50人に「梅雨にむくみを感じますか?」という質問をしたところ、実に36人もの人が「はい」と答えたそうです、実に70%以上の女性が梅雨にむくみを感じているのですね

 

そもそも"むくみ"とは体を構成する組織の中に水分が過剰に溜まってしまう状態のことで、湿度の高い梅雨は汗が蒸発しにくく体内に水分が溜まりやすいそうです、さらに雨のせいで運動不足にもなりやすく汗をかかなくなるという悪循環から、むくみを感じるという人が多くなるようです

 

むくみの新常識クイズ!  

むくみ対策として人気の高いリンパマッサージ、"リンパ"とは体内の老廃物などを運ぶ体液のことで、この流れを良くしようとするのがリンパマッサージなのですが

 

ここで問題!

リンパの流れを良くするのがむくみ解消には最も効果的か? 

 

正解はなんとNO!

 

リンパとは主に老廃物を流す働きをしているのですが、水分の回収量は約1割で残りの9割の水分は静脈が回収しています

 

つまり、むくみ解消で重要なのは静脈の流れをスムーズにすること

 

その方法に関しては後ほど・・・

 

ということで次の問題へ

  

水をたくさん飲むとむくむ?

水を飲みすぎてもむくむことはありません、逆に水分不足で脱水症状になると細胞自体が排出すべき水を外に出さずに溜め込むため、むくみを引き起こしてしまう原因になってしまいます

 

むくみが気になる人ほどこまめな水分補給を!

 

さらに水を飲むという行為自体が自律神経を整えて血液の流れを良くしてくれるので、1日1.5リットルを目安に水を飲むとよいでしょう

 

体がむくむと足が臭くなる? 

むくみが出やすい人は同時に老廃物も滞っているので、老廃物のひとつであるアンモニアが汗と一緒に出て臭いがきつくなるそうです

 

対処法は太ももの付け根を数分間たたく

 

太ももの付け根には太い血管やリンパがあるので、刺激することで血流がよくなりアンモニアも回収され臭いが改善されるようです

 

熱めの風呂に長く浸かって汗をかくと良い? 

42度以上の熱めの風呂は交感神経を過度に刺激するため血管を収縮させてしまいます、こうなると血流が悪化しむくみ解消には逆効果になってしまいます

 

むくみの改善には39度前後のぬるめの風呂に浸かって、副交感神経を刺激して血流を良くすることが望ましく、入浴時間は15分程度が理想的 

 

塩分のとり過ぎには昆布を食べると良い! 

昆布には余分な塩分を排出する"カリウム"が多く含まれていて、きざみ昆布7gで成人男性が一日に摂取したいカリウムの3分の1がとれるそうです

 

 

 

気圧が急激に下がるとむくみやすくなる? 

気圧が変化すると自律神経のバランスが崩れやすくなり、静脈が余分な水分を上手く回収できずにむくんでしまうそうです

 

むくみやすいのは皮膚の薄い部分 

「上まぶた」「足の甲」「すね」などの皮下組織が少ない部分には水分が溜まる余裕があるのでむくみやすいそうです 

 

むくみ解消(予防法)  

さて、むくみの予防には『静脈の流れを良くすることが重要!』だということがわかったところで、具体的なむくみ解消(予防法)を紹介!! 

 

足のむくみ予防法

  

足首を伸ばしたり曲げたりを繰り返す!

 

足首を動かすと同時にふくらはぎの筋肉も動きます、ふくらはぎの筋肉は第2の心臓とも呼ばれており、静脈の流れを良くしてむくみ予防になるそうです 

 

f:id:kansouki:20170528041605j:plain

f:id:kansouki:20170528041633j:plain

 

これなら座った状態でもできるのでデスクワークの方にもおすすめですね!!

  

顔のむくみ解消法

  

笑顔をつくる!

 

さんざんもったいぶって最後がこれかーい!!

 

顔のむくみには表情筋を動かすことが効果的で、その表情筋を最も大きく動かせるのが笑顔だそうです 

 

なんだよ、予想通りというかなんというか・・・

 

しかし最後に顔のむくみ解消にとっておきの合言葉を教えてくれました!

 

それは

 

ホニャララ!!

 

ゆっくりと大きく口を動かしながら言うのがコツらしく、最初の「ホ」で口の周りの筋肉が刺激され、続く「ニャ」「ラ」「ラ」で口角を上げる動きが続き笑顔をつくるのにうってつけの言葉だそうです 

 

そうそう、そういうのがほしかったんだよ!

 

「ニャ」「ラ」「ラ」の部分が全部舌を上あごにつけないと発音ができないというのがポイントですね、つまり「お」「あ」「あ」「あ」の母音で、「あ」の部分が舌を上あごにつけるような言葉であればいいと

 

・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

「お」

 

「な」

 

「ら」

 

「だーーー!」

 

( ´Д`)ノ~バイバイ